ディズニーの仮装!大人用でディズニー基準を満たす安いものありますか?

昨年のハロウィンでは渋谷駅周辺の仮装した人たちですごいことになっていましたよね!

日本のハロウィンはコスプレや仮装をする日ような感じで、不思議な盛り上がりを見せるようになってきています。

また、ディズニーランドでもハロウィンの時期にディズニーのアニメキャラの仮装で入園でき、たくさんの人が仮装してディズニーランドに来ています。

今回は、ディズニーランドに行くか行かないかは別として、大人もハロウィンパーティーを楽しめるよう、ディズニーのキャラクターに比較的安く仮装できるアイテムを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

1.仮装コスチュームの選定基準

今回は比較的安くディズニーキャラに仮装ができるコスチュームやアイテムを選んでみました。

選んだ基準は以下の3つです。

 1.ディズニーハロウィン2015でディズニーランドの園内に入れるもの
 2.キャラの雰囲気を壊さなコスチュームのもの
 3.5,000円以下で購入できるもの

 

特に1のディズニーランドに入るための基準はかなり細かく規定されています。

 コチラ ディズニーハロウィン2015 仮装のルール

 

ディズニーハロウィンではディズニーのアニメキャラ園内のアトラクションに出てくるキャラクターの仮装だけが許可されています。

実写版映画のキャラクターは一部だけしか許可されていません。

 

女性向けのものだと、肩が出るような仮装や裾が長いもの、肌の露出が多いものはダメです。

それに顔がわからないぐらいのメイクやマスクをするのも基本は×。

長い棒や剣等も持ち込めません。

 

結構厳しいんですね。ということで、今回掲載したものは、これらに一応合致させています。

 

ただし、予算枠を5,000円にしたので、ちょっとチープ感があるかもしれません。

それでは、男性キャラ、女性キャラ、動物キャラ等の区分で分けてみましたので、いくつか見てみましょう。

 

2.ディズニー男性キャラ仮装編

予算枠を5,000円にしたので、男性キャラはかなり限定されてしまいました!

 

2−1 ピーターパン

これが男性キャラの定番でしょうね。

 

2−2 ダースベーダ

ちょっと中途半端間がありますが、5,000円以下だとこれになっちゃいます。

ちなみにお面やマスクは基本ダメですが、ダースベーダーやC3-PO等はOKです。

 

2−3 バズ・ライトイヤー

これは部分的なアイテムとなります。全身仮装にしたいところですが、予算オーバーでした!

 

3.ディズニー女性キャラ仮装編

女性キャラはいろいろなものがあります。

しかし、肩が出ているものや露出が多いものが結構あるため、おとなしめのコスチューム選定には少々時間がかかりました!

 

3−1 白雪姫

スカート丈が短いものが多い中で、スカート丈が長く、肩が出ていない白雪姫の雰囲気を崩さない正統派と言えるコスチュームです。

 

 

3−2 アナ

こちらも人気ですね。下のウィッグは必須です。

 

アナ風ウィッグ

 

3−3 エルサ

アナときたらエルサでしょう。

このエルサ用の衣装ですが、裾があまり引きずるようだとディズニー基準では×です。

雰囲気が壊れるかもしれませんが、もし裾が長過ぎるようでしたらちょっと調整しておいた方が良いかもしれません。

 

 

エルサ用ウィッグ

エルサになるにはこちらのウィッグもあわせてどうぞ!

 

 

3−4 ティンカーベル

ティンカーベルは肩が出ているものもあったのですが、ぎりぎり肩ひもあるものを選びました。

スカート丈が短く、露出度やや高めですが、昨年の例を見てもこのぐらいは大丈夫です。

スポンサードリンク

 

4.ディズニー動物等キャラ仮装編

4−1 ミッキーマウス

正統派キャラですが、何となくこれを着るのはちょっと勇気がいりそうです。

 

4−2 プルート

動物キャラは男女両方行けそうです。

 

4−3 ティガー

動物キャラのモデルはほとんど女性でした。

 

4−4 チップとデール

こちらはチップです。

 

こちらはデール!

 

4−5 ピグレット

女性では勇気がいるかも・・

 

4−6 スティッチ

これはかわいいかもしれません。

 

4−7 クランプ

ディズニーランドはちょっと気分的に厳しいかも・・。

 

4−8 サリー(モンスターズ・インク)

これって男性?キャラのはずですが・・・。

 

4−9 リトルグリーンメン(トイ・ストーリー)

 

 

5.ディズニー動物女性キャラ仮装編

この分類ではセクシー系がたくさんあります。しかし、ディズニー基準で見ると、以下の2つぐらいにしぼられました。

 

5−1 ミニーマウス風

ミニーの耳がついているパターンはたくさんあります。今回はこれを選びました。

 

5−2 デイジーダック風

ちょっと見た目では、あひるのデイジーをイメージしにくいのですが、色合いがデイジーです。

 

まとめ

今回は今年のハロウィンをディズニーのキャラクターで手軽に楽しめるよう、5,000円以下で購入できる仮装用コスチュームを紹介しました。

 

安く購入できるよう予算を限定したので、対象となるコスチュームもかなり絞られましたが、

 男性キャラの定番はピーターパン

 女性キャラではアナと雪の女王白雪姫

が無難で良さそうでした。

 

動物キャラはたくさんありますので、気に入ったものがかなり選べます。

 

一応、ここで紹介しているものはディズニーランドでもOKのものです。

今回紹介したコスチュームを参考に、今年のハロウィンを楽しんでいただければと思います。

スポンサードリンク

もう少し自由になるお金があったらいいな・・って思っていませんか?

ひと月にブログに記事を1〜2回書くだけで、毎月安定して7万円も副収入が入ってくる・・・

そんな『ネット自販機』の作り方について期間限定でお知らせしています。