散髪でねらった髪型にするための頼み方(男性編)

私達は散髪のために定期的に理髪店や美容院に行きますよね。

でも、おしゃれな感じの髪型にしてもらいたいな・・て思っていても、思ったとおりにしてもらえないことってよくありませんか?

よく考えてみると、私達って、しょっちゅう髪を切りに行くのに、こんな風な髪型にして欲しいっていう頼み方を知りませんよね。

誰からも、教えてもらったことが無いためです。

そこで、今回はネット上の美容師さんの意見等を踏まえて、特に男性が散髪の時に、狙った髪型にするための頼み方をリサーチしました。

ただし、今回は理髪店ではなく、美容院での方法を想定しています。 

スポンサードリンク

1.髪を切る時の頼み方のパターン

散髪に行った時の頼み方には大きく分けると次の3つのパターンになりそうです。

  難 ↑

  1. 髪のパート毎に具体的に伝える
  2. 雑誌の写真等を見せる
  3. 「1ヶ月前(2ヶ月前等)に戻して」と言う

  易 ↓

今回調査をしてみると、いつも私達がやっている「1」の方法は、実は難易度が高いとわかりました。

 

簡単なのは、「2」のこういう風にして欲しいという髪型が載っている雑誌の切り抜き等を見せること。

 

でも、これをやるのって、ちょっと恥ずかしいですよね。

自分もこの方法をとったことがあります。

髪型のモデルさんがあまりにイケメンすぎて、美容師さんが・・・お前、自分の顔をまず鏡で見て来い!!て思われないかなって気になりましたよ!!

だから本当はこの髪型にしたいのに、モデルさんがあまりイケメンじゃないこっちの髪型にした、っていうことがあります。

でも、そんなこと気にしないようにしましょう。

 

ちょっとドキドキかもしれませんけど、「今日はどうしますか?」と聞かれた時に、「切り抜きを持ってきたんですけど!」とさらっと言ってみましょう。

 

ただし、今までやったことが無いけど、「こういう髪型にしたい」というのがある場合は、恐らくこの方法が一番効果的です。

 

一番簡単なのは「3」の「◯ヶ月前に戻して」という方法。

前に切ってもらった髪型が気に入っている場合はこの方法が取れますが、違った髪型にしたい場合は、1か2の方法を取ることが必要です。

 

それでは、ここからは一番難しい1の具体的に伝える場合のポイントについて見てみましょう。

 

2.具体的に伝える場合のポイントは

2−1 パート毎に伝える

具体的に伝える場合は、髪型に影響を与える

  • 前髪
  • 耳の周り
  • もみあげ
  • 襟足
  • トップ

の各パート毎にどのようにして欲しいのかを伝えます。

 

自分から言わなかった場合でも、美容師さんの方から聞いてきますけど、各パート毎に全体のイメージを伝えてみましょう。

 

 

2−2 具体的な伝え方

前髪は、目や眉を基準にして、前髪の長さをどの程度にするのかを伝えます。

例えば、こんな感じです。

  • 眉(目)にかかるぐらいで
  • おでこが半分でるぐらいで

あわせて、前髪を立たせるのかどうかも伝えます。

 

耳の周りは、どのぐらい切るのかを伝えます。

スポンサードリンク

その際は刈り上げるのかどうか、耳に髪がかかるようにするのかどうかを伝えるようにします。

刈り上げる場合は、「耳をすっきり出して」とまず伝えた上で、例えば

  • この当たりまで刈り上げて
  • 刈り上げにならない程度に短くして

などという感じ。

 

長さを残す場合では、

  •  耳に少しかかるように
  •  耳が半分ぐらいが見えるように
  •  耳たぶだけは出す
  •  耳は出さないように

等と伝えます。

 

もみあげは、長さや形を伝えます。

例えば、長さや形は

  • 耳の真ん中ぐらい(ここぐらいまでと指で指す)の位置で
  • 自然な感じで短めに(長めに)
  • 斜めで
  • 細くして

などと言えば、美容師さんの方で分かってくれそうです。

後は、薄くして欲しいのかどうかも伝えるようにしましょう。

 

襟足は、耳周りの長さと比べてどの程度の長さにするのかを伝えます。

例えば

  • 耳周りと比べて少し長めに(合わせて)
  • 刈り上げにならない程度に短く
  • 地肌が見えない程度に刈り上げて
  • (短く)刈り上げて

などと伝えてみましょう。

 

トップの場合は、横と襟足とのバランスでどのぐらいの長さにするのかを伝えます。

その場合は、

  • 短くしたい場合は 「立つぐらいで」
  • 横と襟足に合わせるぐらいなら 「上も合わせてお願いします」
  • 長めにしておきたいのから 『揃える程度で」

というのが一般的のようです。

 

2−3 要するに

いろいろ書きましたが、要するに

  • 前髪は長くするのか、短くしたいのか、立つぐらいにするのか
  • 耳の周りは短くするのか、耳にかかるようにするのか
  • 襟足は長めに残すのか、短くするのか

まず、その3点を伝えるようにしましょう。

トップは特に長めに残したい、短くしたいのであれば、先に言っておくと美容師さんがイメージがつきやすいようです。

 

3.NGな頼み方

最後にやりがちなNGな言い方をお伝えしておきます。

 

とりあえず短くして

初めて切ってもらうなら、どの程度切ればいいのか美容師さんが分かりませんよ!

床屋なら、バリカンでばーっと切られてもしょうがないですね。

 

かっこよくして

これも主観があるので、困るようです。

 

◯◯風にして

芸能人の名前を出しても、分かってもらえないです。

自分も若かりし頃にこれをやったことがあります。

しかし、その芸能人さんが今どんな髪にしているのかわからない、とやんわりと言われたことがありました。今となってはいい思い出です(笑)。

 

あと、「何センチ切ってください」もダメという情報もあります。

 

まとめ

髪型は自分を表現する大切なもの。

だから、髪を切る時にはしっかり意思を伝えて切ってもらうことが大切だと思います。

そのために、今回お伝えした方法を参考にしてください。

 

ポイントは

 以前と同じようにする場合は

   「◯ヶ月前にして」

 

 自分の中でしっかりイメージが付いている場合は

   前髪、耳周り、襟足の3つの長さや形を伝える

 

 新しい髪型にする、伝えるのが苦手な場合

   切り抜きを見せる

 

という感じです。

 

是非、美容師さんとのコミュニケーションを楽しんでみましょうね。

 

<みんなの散髪の頻度が気になる人へ>

みんなの散髪の頻度は?びっくりしたなんとなく気になる20代男性の場合

 

スポンサードリンク

ブログに記事を書いても書いても稼げないな〜って思っていませんか?

アドセンスで稼げるって聞いて、ブログに100記事も書いたのに、未だに月に1万円も稼げていなかったとしたら、

1日に1,000PVとか、500PVもある記事を作れるようになり、今の状態を確実に改善する方法があるのですが・・・