夏バテの症状には下痢や吐き気も!ただし、その時は注意が必要

暑い夏が続き、体がだるいし、疲れが抜けない・・・。

そんな時は夏バテになったということがわかりますよね。

 

実は最近、下痢になったり、吐き気がしてるんだけど、もしかしてそれも夏バテのせい???。

今回は、夏場に下痢になったり吐き気がするのは夏バテの症状なのかを調べてしました。

それに、ちょっと気をつけなければならないこともわかりましたので、今回はまとめてお伝えします。


スポンサードリンク

1.夏バテの症状とは?

代表的な夏バテの症状とは

  • だるさ
  • 疲れ
  • 倦怠感

です。

プリント

 

また、夏場に胃腸の調子が悪くなることによる

  • 食欲不振
  • 下痢
  • 便秘

胃腸

さらに

  • 頭痛
  • 発熱
  • めまい

も夏バテの症状のようです。

めまい

ということで、下痢や吐き気も夏バテの一つの症状ということになります。

 

2.夏に下痢になる理由

夏バテの一つの症状が下痢や吐き気なのですが、なぜそんな事がおきるのかを整理しました。

 

2−1 体の水分不足

まず最初に暑さによって大量に汗をかき、体の水分が不足してしまうことが原因で、夏バテになるパターンです。

 

暑い場所にいることで、大量の汗をかく

  ↓

体の中の水分が不足した状態で、体の体温を保とうと体が一所懸命調整する

  ↓

体の負担が増える

  ↓

暑さが続くと体が暑さに対応できなくなる

  ↓

夏バテ状態で胃腸が弱って下痢になったりする

 

汗を毎日たくさんかくことで、胃腸が弱るという場合ですね。

以前はこのパターンが多かったようです。

 

2−2 冷たいものの飲み過ぎ

2つ目は、上のパターンとは逆に、冷たいものを飲み過ぎて下痢になる場合です。

これは自分の場合も実はよくあります。

 

大量の水分をとったりすると、胃腸の機能が低下します。

飲むものが冷たいものだと、さらに胃腸に負担をかけてしまいます。

 

暑いとどうしても冷たい飲み物が、それも大量に欲しくなりますよね。

しかし、それが続くと、胃腸の調子が悪くなってしまいます。

 

暑い時には、冷たいものを一杯飲みたいですけど、このように夏バテによる下痢は、夏場に食生活のパターンが変わってしまって起きるものと言えます。

 

スポンサードリンク

2−3 クーラーの影響

エアコンの利用が当たり前になっている今時分は、クーラーの影響が3つめの原因となります。

エアコン

キンキンに冷えたクーラーのかかっている部屋から、暑い場所へ行き来する時、やっぱり体の中では、体温を保とうとするための自律神経が一生懸命働きます。

しかし、体の温度をさげたらいいのか、保てばいいのか、自律神経がだんだんわからなくなってしまい、調子が悪くなってしまいます。

 

そのため、自律神経の乱れにより、胃腸の機能が低下してしまい、その結果、下痢になる場合もあるということ。

 

 

ということで、体の水分が不足することの影響、逆に冷たいものを大量に飲むことでの影響、クーラーの影響の3つの影響で、胃腸が弱るという結果になるわけですね。

 

3.吐き気もある場合は要注意

ところで、吐き気があったり、吐いてしまった場合はちょっと注意が必要です。

 

3−1 食中毒の影響

8月は厚生労働省が食品衛生月間に定めているように、食中毒には特に注意が必要な時期。

日頃は胃の中で殺菌されてしまう程度の食中毒を起こす細菌やウイルスも、胃腸が弱っている時に体の中に入ってしまうことで、食中毒を起こしてしまうことがあります。

 

そのため、急に吐き気がしたり、吐いてしまった場合は食中毒の可能性がありますので、注意をしておきましょう。

 

吐いてしまった場合は、水分をしっかりとり、体の中の悪いものを出すようにしましょう。

それから、病院に行き、適切な処方をしてもらうことが大切です。

 

吐き気止めや下痢止めを飲むと、悪いものが体の中に留まってしまい、返って悪くなる場合もあるので注意が必要です。

 

3−2 熱中症の可能性も

暑い場所にいた後や暑い場所にいる間に頭痛や吐き気がして、吐いてしまうような場合は、熱中症の可能性があります。

OL

頭痛や嘔吐の症状が見られる熱中症の場合は、自分たちだけで体を冷やすのでは不十分。

このような症状の時は病院に行くことが勧められています。

 (参考)今知っておきたい熱中症の16の症状!頭痛や眠気、吐き気も

 

このように、吐き気があるような場合や実際に吐いてしまった時は注意しておきましょう。

 

まとめ

今回は夏バテ気味の時に、下痢や吐き気をもようした時の原因について調べてみました。

夏バテの一つの症状として、下痢や吐き気があることがわかりました。

 

夏バテで下痢になったり、吐き気がしてしまう主な原因としては、

  • 大量の汗かきによる体の中の水分不足によるもの
  • 冷たい飲み物を大量に飲んだことの影響によるもの
  • クーラーの影響によるもの

の3つであることがわかりました。

 

ただし、実際に吐いてしまうような場合は、食中毒や熱中症の可能性があることもわかりました。

そのため、吐いてしまった場合は特に気をつける事が必要です。

 

この記事を参考に、夏バテに負けずに、この暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

ブログに記事を書いても書いても稼げないな〜って思っていませんか?

アドセンスで稼げるって聞いて、ブログに100記事も書いたのに、未だに月に1万円も稼げていなかったとしたら、

1日に1,000PVとか、500PVもある記事を作れるようになり、今の状態を確実に改善する方法があるのですが・・・