歯ブラシの交換期間の憶えておきたい3つの判断基準がコレ

colgate-88029_640

ほとんどの人が毎日お世話になる歯ブラシ。

ある調査によると1ヶ月で歯ブラシを替える人は4割近くいるそうです。

びっくりなのは半年以上替えないという人もいるということです。

 

ところで、あなたは歯ブラシってどのぐらいの期間で交換していますか?

今回は歯ブラシの適切な交換時期についていろいろな角度から調べてみました。

スポンサードリンク

1.歯ブラシの適切な交換時期は?

歯ブラシの適切な交換時期は以下の3つがポイントとなります。

1.使い始めて1ヶ月、最低でも3ヶ月以内
2.毛先が開いてきた時点
3.ブラシの弾力が無くなってきた時点

 

現在提供されている多くの情報では、歯ブラシの適切な交換時期は1ヶ月というのが一般的のようです。

この1ヶ月というのはなんとなく覚えていれば分かります。

しかし、毛先についてはどのぐらい開いたら交換の時期なのかがよく分かりませんよね。

それと毛先の弾力についても自分ではなかなか判断出来ません。

 

そこで、それぞれのポイントについて調べてみました。

 

2.1ヶ月で歯ブラシを交換する根拠

2−1 歯ブラシメーカーの意見

まず歯ブラシのプロである歯ブラシメーカーがどのように言っているのか見てみましょう。

まずライオンです。こちらはクリニカのウェブサイトからの情報となります。

Q ハブラシはいつ交換すればよいですか?

A 1ヵ月に一度が目安です。毛先が開いてきたら交換時期ですが、開いていなくても毛に弾力がなくなってくると、汚れを落とす効果が弱まってしまいます。

(引用:ライオンウェブサイト http://systema.lion.co.jp/faq/brush.htm

 

また、サンスターでは歯をキチンと磨くための月一回歯ブラシを替えてもらうためにツキイチサンスターという活動をしています。

こちらがその説明動画 ↓ 

動画の説明にもありますが、交換時期を過ぎた歯ブラシでは磨き残しが一杯できてしまうそうです。

 

しかし、歯ブラシメーカーが1ヶ月で歯ブラシを交換した方がいい、と言うことに対して、そりゃ、歯ブラシを買って欲しいからそう言ってんでしょ!っていう人もいるようです。

そのため、歯医者さんがどのように言っているか見てみましょう。

 

2−2 歯医者さんの意見

多くの歯医者さんでは歯ブラシの交換は1ヶ月を推薦しています。

 例えばコチラ 上原歯科ウェブサイト

 

多くの歯医者さんが1ヶ月ぐらいで歯ブラシを交換した方が良いと言っている理由としては、以下の3つがよく挙げられていますね。

1.毛先が広がると汚れが落ちにくくなるため
2.歯ブラシに雑菌が繁殖するため、健康に影響が出る可能性があるため
3.弾力の減った毛先で歯茎をこすると歯茎や歯を傷めてしまうため

 

確かに考えてみると、そういう気がします。

スポンサードリンク

まずは1ヶ月程度で歯ブラシを交換するようにしてみましょう。

 

3.毛先がどのぐらい開いたら交換時期か?

歯ブラシの交換時期は毛先の開き具合とも関係があります。

しかし、どのぐらい毛先が広がったら交換時期となるのでしょうか。

 

歯医者さんの意見としては、「歯ブラシのヘッドを裏から見て、毛がはみ出ている状態」だと毛先が広がったと言えるようです。

8447696635_7a0d5fe024

また、歯ブラシメーカーの調査では、毛先が少し広がった状態だと歯垢の除去率は2割減、毛先がかなり開くと4割減になるという結果も出ています。

 

そのため、理想的には毛先が広がり始めたぐらいが交換の時期と判断するのが良さそうですね。

そのため、時々毛先の広がりの状態をチェックしてみるようにしましょう。

 

しかし、あまりに早く毛先が広がるようなら、ブラッシングの際に力が入り過ぎているのかもしれませんので注意が必要です。

 

 

4.ブラシの弾力が無くなってきたことはどうやってわかるか?

ブラシの弾力例えば「毛先を触ってみて、◯◯という感じになると弾力が落ちていると判断できる」と言ったような判断基準があればと思っていました。

しかし、いろいろ調べてみたものの、コレっていう判断基準は見当たりませんでした・・・。

そのため、使用感で判断するしかないようです。

2590732283_59e200212f

確かに結構長い期間歯ブラシを使っていると、弾力が減ってるな・・と感じる時がありました。

そういう時は毛先も広がっていますし、恐らく1ヶ月以上使っていたのでしょうね。

 

なかなか客観的な判断基準が無いため、弾力のことはあまり気にせず、1ヶ月ぐらいで交換する、ということに心がければよいかと思っています。

 

歯ブラシの毛先の広がりや雑菌の繁殖という点だけを考えると、

  • ブラッシングは軽くやり、毛先が広がらないように心がける
  • 歯を磨き終わった後、消毒をして雑菌の繁殖を抑える

ということをしていたら、歯垢をきちんと落とせる適切な状態で1ヶ月以上も歯ブラシを持たせることができるのではないか?とも考えました。

しかし、どうも弾力の低下だけは避けることができそうにないため、ここで紹介したように歯ブラシの交換は1ヶ月程度にすることが適当なのだと思われます。

 

まとめ

今回は歯ブラシの適切な交換時期について、その理由や判断方法等について触れてみました。

 

紹介した内容を大きくまとめると、

  • 歯ブラシの交換時期は1ヶ月を目安にする
  • 1ヶ月ぐらいで毛先がかなり広がるようならブラッシングに力が入りすぎている

ということになります。

自分の場合、毛先がすぐに広がっていましたから、最近はブラッシングの力には気をつけるようにしています。

毎日行うハミガキなので、つい手を抜いてしまいがちですが、だからこそ毎日使う歯ブラシについても気をつけなければいけませんね。

スポンサードリンク

もう少し自由になるお金があったらいいな・・って思っていませんか?

ひと月にブログに記事を1〜2回書くだけで、毎月安定して7万円も副収入が入ってくる・・・

そんな『ネット自販機』の作り方について期間限定でお知らせしています。