時短料理のレシピ!究極の5つの下ごしらえ方法

遅くまで働いていると、つい帰宅途中のコンビニでお弁当・・・とか、外食ってなりがち。

しかし、できればきちんと料理をして食事をした方がいいですよね。

そのためには、なるべくささっと料理を終えてしまいたいもの。

そこで、今回は時短料理レシピとして、下ごしらえのための5つの方法を紹介します!

スポンサードリンク

時短料理下ごしらえレシピ1 レタスの芯を一瞬で取る方法

これって、自分がファミリーレストランでバイトをしていた時に一番最初に教えてもらった方法。

この方法によって、レタスの芯を気持ちいいぐらい一瞬で取ることができます。

自宅でやっている人ってあまりいないと思いますよ。

fd400201

これは、

  1.  レタスの芯を手のひらの親指の付け根あたりで、ぐっと強く押す(レタスが一瞬ぐしゃっとなる)
  2.  次にレタスの芯をつまんでひねる
  3.  芯が取れる

という3ステップ

 

芯が取れる時のなんとも言えない快感・・・。

時短効果めちゃめちゃ大ですね!!

 

ちなみにレタスには美肌効果のあるビタミンEを豊富に含んでいます。

お肌が気になる方は、この方法でレタスをどんどん食べるようにしましょう!!

 

時短料理下ごしらえレシピ2 カボチャを切る

夏野菜の代表といえばカボチャ

でも、カボチャを包丁で切るのは結構大変で、手が痛くなりますよね。

初めてカボチャを包丁で切った時、包丁を押さえている手のひらが本当に痛くなりました!!

途中でやめようかと思ったぐらい・・・。

 

それを力を入れずに切る方法があるんです。

fd400244

それは菜箸でカボチャのヘタの部分を引き抜くことで可能になります。

手順は以下のとおり。

  1.  まず菜箸でヘタかおしり側の真ん中に菜箸を刺す
  2.  そのまま菜箸を引き抜く
  3.  菜箸で開けた穴に包丁の先を入れる
  4.  力を入れずに切れる

 

この方法でいきなりカボチャに包丁を入れるより、ずっと楽に切ることができます!

ギューギューって包丁に力を入れて切ろうとしたのがバカみたいに思える時短料理方法です。

 

カボチャは免疫力を高めるβ-カロチンを多く含んでいます。

夏になったら、毎日を元気に過ごすためにカボチャをどんどん食べていきましょう!

 

時短料理下ごしらえレシピ3 ジャガイモの皮むき

ジャガイモもよく食べる材料ですね。

しかし、ジャガイモの皮むきって結構面倒!!

包丁やピーラーで向いても、どうもうまく向けないし・・。

 

そんなジャガイモですけど、電子レンジで一工夫するだけで、グッズ不要でするっと皮むきができるんです。

fd400139

その方法は

  1. ジャガイモの真ん中の一周するように表面に切り込みを入れる
  2. ラップに包む
  3. 電子レンジで3分加熱
  4. 切り込み部分から手で簡単に皮が向ける

 

この方法は電子レンジでジャガイモを加熱している間は別の作業ができるんで、全体ではかなり時短が可能。

ちょっと面倒くさいって思う時こそ、この方法を使ってみましょう。

 

ジャガイモは熱に強いビタミンCが豊富。

成人病予防や美容に効果的と言われています。

ジャガイモは煮る、揚げる、焼く、サラダといろいろな食べ方ができます。

ジャガイモもどんどん摂りましょう。

 

スポンサードリンク

時短料理下ごしらえレシピ4 大根の皮むき

ジャガイモの皮むきにつづいて、大根の皮むきです。

ジャガイモと比べて大根は凸凹していないので、比較的に皮はむきやすいですけど、包丁も使わず皮むきができる方法があります。

fd400251

このテクでは包丁の代わりにつまようじで切ります。

 

大根をある程度の大きさにきった後、

  1. つまようじで縦に切れ目を入れる(皮と内側の境界線まで達するように)
  2. 両手の親指を切れ目に差し込む
  3. 親指を皮の下に潜り込ませるように押す
  4. 皮が剥がれるように向ける

という方法。

 

これもある意味、日頃味わえないある種の快感があります!

時短効果も大!

 

大根には昔から薬効があると言われているほど健康野菜の代表格。

ダイエット効果や便秘の解消、胃腸の調子を整える等の効果があります。

大根も是非食事の一品に加えてみましょう!

 

時短料理下ごしらえレシピ5 にんにくの皮むき

皮むきシリーズの最後としてパワーの源泉にんにくです。

にんにくも皮むきってかったるい!ですよね。

garlic-1171146_640

時短テクとしては、グッズといいがたいゴム手袋を使います。

  1. ゴム手をはめた手のひらににんにくをのせる
  2. 両手でこすり合わせながらにんにくを揉む
  3. 皮がきれいに剥ける

簡単ですよね!

 

手でいちいち取っていたのがバカみたいです!

時短効果大ですね!!

 

この方法での皮むきはホントにわけないので、是非ゴム手でやってみましょう。

ゴム手を使うことで、ついでに手が臭くならないというメリットもありますよ。

 

にんにくには高い抗菌・殺菌効果があります。

それに、疲労回復滋養強壮など、多くの効果が!

この時短テクでにんにくももっと使いやすい身近な食材になりますね。

 

番外編:茹で時間0分のパスタ

番外編のテクです。

パスタを2時間水につけておくことで十分柔らかくなります。

spaghetti-507764_640

これにより茹で時間0分でできます。

全体では時間がかかりますけど、これも時短と言えば時短でしょうね。

 

光熱費にも優しいですし、出来上がったパスタはコシがあり、モチモチ感があるので、是非お試しを!

 

まとめ

今回は特別なグッズを必要とせず、料理の下ごしらえになる作業を時間短縮できる5つの方法をご紹介しました。

特に皮むきは面倒くさいし、数が多くなると時間もかかりますから、今回ご紹介した方法で楽に短い時間で作業をすることができるようになります。

今回は

  •  レタスのヘタ取り
  •  力を入れずにカボチャを切る
  •  ジャガイモ、大根、にんにくの皮むき

の方法をご紹介しました!

そして、番外編の茹でないパスタもご紹介

是非やってみてくださいね!

スポンサードリンク

ブログに記事を書いても書いても稼げないな〜って思っていませんか?

アドセンスで稼げるって聞いて、ブログに100記事も書いたのに、未だに月に1万円も稼げていなかったとしたら、

1日に1,000PVとか、500PVもある記事を作れるようになり、今の状態を確実に改善する方法があるのですが・・・