使ってみた上でのおすすめのワイヤレスイヤホンはコレ

主に車での移動する時に使うため、これまでワイヤレスイヤホンを3種類購入してみました。

なぜそうなったのか?というと、小さいので無くしてしまうためです。

それに、製品選びで実は失敗したこともあり、今年になって実は3つも購入することになってしまいました。

そこで、今回は自分で使ってみたワイヤレスのイヤホンの中から、おすすめなものや購入する際に注意しなければならない点についてまとめてみました。

ただし、車で使うことを想定した片耳だけのイヤホンを取り上げています。

スポンサードリンク

1.おすすめのワイヤレスのイヤホン

結論から言うと、片耳タイプの3つのワイヤレスイヤホンを購入してみて使ってみた上でのおすすめの商品がコチラです。

3つ目を購入する際はどれにするのかをかなり注意して選びました。

2,500円程度の買い物でしたが、このイヤホンは以下の6つの点でおすすめです。

  • 充電ドックがあり、充電しやすい
  • 充電ドックが定位置になりイヤホンを無くしにくい
  • 耳にしっくりくる
  • 電源スイッチがあり、電源オンが簡単
  • 電源オンでiPhoneとすぐ接続してくれる
  • garagebandの音楽も再生できる

この6つの特徴について、もう少しお伝えします。

充電用デッキがあり、充電しやすい

今までは電源ケーブルを直接イヤホンに挿して充電させる必要がありました。

しかし、イヤホン自体が小さいですし、ケーブルをイヤホンに刺すのが正直ちょっと手間でした。

これがこのイヤホンの場合、充電ドックに本体を刺すだけなので、いちいちケーブルをイヤホンに差し込むことが無く、とっても楽ちんです。

しかも、マグネット式になっているので、最後は磁石でカチっと吸い付けてくれます!

コレが結構快感です!!

 

充電ドックが定位置になりイヤホンを無くしにくい

実はこれが一番助かったと感じています。

これまでは使い終わったらすぐにケーブルを挿して充電をすることはありませんでした。

使い終わったら、とりあえず机の上に置いていたんですが、しょっちゅうどこに行ったかな・・って探すはめに。

最初にかったイヤホンはとにかく小さいタイプだったので、余計にどこに行ったのかわからなくなりがちだったんです。

これが、使い終わったら充電ドックに戻すようにしたので、どこに置いたかな・・って毎回探す必要も無くなりました。

いや〜、これが本当に助かりました。

 

耳にしっくりくる

これまで購入したイヤホン全てが耳の穴に差し込むカナル式と言われるタイプ。

ただし、先に購入した2つのイヤホンは耳にかけるもの(イヤーフック)を使うことが前提でした。

そのため、長時間付けていると耳に違和感がありました。

このイヤホンも耳の穴にいれるカナル式なんですが、イヤーフックと呼ばれる耳たぶにかけるものを付けなくても、かなり安定して耳にかけることができます。

イヤーフックが無いぶん、付け心地が楽です。

このようにイヤホンを装着した時に耳にしっくりくるのが良い点でした。

 

電源スイッチがあり、電源を入れるのが簡単

前の2つのタイプはイヤホン表面がスイッチになっており、2〜5秒とか長押ししたら、スイッチが入る、切れるっていうタイプでした。

それが、このイヤホンは側面にスライド式の電源スイッチがあります。

電源オン側にスライドさせると、すぐに「Power on!」って女性の声がしてスイッチが入ります。

長押しする必要がないので、スイッチオンがとっても楽になりました。

 

電源オンでiPhoneとすぐ接続してくれる

上のとおり、スイッチオンがとっても楽なんですが、ペアリングしたiPhoneにすぐ接続してくれるのもとっても楽でした。

前の製品はペアリングさせるのに、イヤホンのスイッチを長押しして接続するまで数秒待つ必要がありました。

しかし、このイヤホンは「Power on!」の後、「Your Divice is conected」という女性のアナウンスがあり、電源を入れた直後に自動にiPhoneに接続してくれます。

これも接続操作が不要でメチャお手軽です。

 

Garagebandの音楽も再生できる

最初に購入したイヤホンは、なぜかGaragebandの音楽は音が聞こえませんでした。

なぜかわかりませんでした。

しかし、このイヤホンはしっかりGaragebandや他の音楽用の楽器アプリの音楽も再生してくれます。

そこで、普通のケーブル式のイヤホンとまったく同じ状態になりました。

これも満足した点です。

 

音質は以前購入したものと別に遜色なく、悪くもなく、しっかり聞こえますので、この点も満足している点です。

 

2.このイヤホンの届いた箱にビックリ!

今回、楽天で購入したんですが、自宅に届いてみてビックリしました。

まず、入っている箱がカワイイこと!!ロゴマークがステキです。

img_0639

蓋を開けてみると、やたらいっぱいアイテムが入っていたので、順番にご紹介します。

 

まずは本体部分です。

イヤホンと充電ドック、それに充電ドックを固定できるクリップがあります。
%e6%9c%ac%e4%bd%93

ドックと本体だけだとこんな感じ。

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a8%e6%9c%ac%e4%bd%93

スポンサードリンク

次に充電ケーブルです。

ケーブルはイヤホンに直接させるものと充電ドックに接続する2つのタイプのケーブルが入っていました。

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ab

充電ドックにケーブルを差し込んだところ。

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e6%8e%a5%e7%b6%9a

 

で、びっくりしたのは耳に当てる部分のアタッチメントの多さです!!

%e8%80%b3%e3%81%82%e3%81%a6

透明のイヤーフックもついていましたが、それにしてもゴムの耳あての数の多いこと。

右耳用と左耳用があります。

なんだか芋虫みたいなのが一杯あって、妻がこれを見ておもわず「キモチワルイ!」っていいました(笑)。

 

という感じで、やたらパーツが多いのがこのイヤホンの特徴とも言えます。

 

3.このイヤホン、音楽が聞こえん!

実は2つ目に購入した時、思わずこう叫んでしまいました。

初めて購入したイヤホンがどうしても見当たらなくなり、たまたま入った電気屋で購入しました。

LBT-HS10PCBK【税込】 エレコム Bluetoothヘッドセット(ブラック)【RCP】

最初に買ったイヤホンより大きめでしたが、値段も安く、この長めのタイプのイヤホンを試したかったので、こちらを購入しました。

そして、早速使ってみると、ペアリングがすぐに出来たので繋がったのを確認できました。

しかし・・・・

 

ダウンロードしていた動画から音が鳴らない

あれって思ったら、iPhoneのスピーカーから音が出てます。

 

おかしいな・・・って思って、いろいろやってみましたが、どうしても音が出ない。

 

エレコムのウェブサイトで調べてみると・・・、

なんと「通話専用」のイヤホンだったことがわかりました。

エレコムのウェブサイトに書いてありますが、音楽も聞けるタイプと通話専用のタイプがあるんですって!!

知りませんでした。

コチラ エレコムウェブサイト

 

箱の説明をよく見ていなかった自分が悪かったんですが・・・、正直かなりショックでした。

とりあえず通話用に使おうと1週間は使ったんですが、結局、音が鳴らないので、最初に紹介したイヤホンを買い足したということです。

イヤホンを購入する前には、音楽が聞けることはしっかり確認しておきましょう!!

 

4.最初のイヤホンはコレでした。

最初に購入したのはこのイヤホンでした。

 

小さくで良かったです。音もけっこう良かったです。

ただ、正直言うと、小さすぎたのが原因で無くなりました・・・。

それと、音楽とか通話とか、まったく意識しないで買ったので、まさか音楽が聞こえないワイヤレスイヤホンがあるなんて夢にも思いませんでした。

購入する場合は、このタイプの小さいものもおすすめです。

 

まとめ

今回やワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を今まで使ってみた3タイプの中から紹介してみました。

今のところのおすすめは、音質にそれほどこだわらなければ一押ししたいのがコチラでした。

 

とにかく箱のカワイさとアタッチメントの多さにビックリしてくださいね!

スポンサードリンク

もう少し自由になるお金があったらいいな・・って思っていませんか?

ひと月にブログに記事を1〜2回書くだけで、毎月安定して7万円も副収入が入ってくる・・・

そんな『ネット自販機』の作り方について期間限定でお知らせしています。