iPhone siriの運転中の使い方を試してみたら・・

「ちょっとやばいよな!!」

運転中にすれ違う車の運転手が片耳にイヤホンをしている様子を時々みかけます。

何を隠そう、自分も最近やってました。

iPhoneを使って、PodcastやYoutubeのセミナー動画を聞いたり、本の読み上げを聞いたり、たまに音楽を聞いたりするためです。

最近はワイヤレスのイヤホンを購入したので、運転中に電話をしたり、音声入力で文章を書いたりしていました。

その際はiPhoneを触って操作しなければなりません。

 

しかし!

それって、道路交通法では違反・・・・?みたい。

っていうことで、今回は車を運転する時に、iPhoneを触らず、画面も見ずに、Siriを使うだけで、どこまでやりたいことができるのかを、実際に操作をしてみながら検証してみました。

スポンサードリンク

1.画面操作無しsiriだけでiPhoneを操作できること

今回、いろいろ試してみました。

もしかしたら、指示の仕方でできることもあるのかもしれませんが、今のところ確認できていることを挙げてみます。

基本的にはまったくパネルを触らず、siriへの指示だけでできたことです。

siriだけでできたこと
0.SIriの立ち上げ
 ・「Hey Siri」と呼びかけることで起動することができます
1.電話
 ・電話をかける
2.メール

 ・メールを書いて、送信する
3.ポッドキャスト
 ・起動して再生する

 ・ポッドキャストの番組名を指定して、再生する

 ・同じポッドキャスト番組の前回の番組を再生する
4.その他アプリ
 ・音楽をミュージックで再生する
 ・マップを立ち上げ、道順を探す
 ・メモを立ち上げ、メモする、過去のメモを読み上げる
 ・LINEの起動
 ・kindleの本の立ち上げ

 

siriだけでできなかったこと
1.電話
 ・かかってきた電話を受ける
2.動画アプリ

 ・動画アプリの起動と保存している動画の再生
3.ポッドキャスト
 ・覚えていないポッドキャスト番組の再生

 ・今聞いているポッドキャストから別の番組を再生させる
4.その他アプリ
 ・inboxの立ち上げ(できたりできなかったり)と操作
 ・kindleの本を表示させた後、そのまま読み上げを開始する

 

このように、Siriは「運転中でも使えて便利」とあり、確かにiPhoneをある程度操作できましたが、できることはかなり限られていました。

ということで、ワイヤレスイヤホン等を使って運転中にiPhoneを使う場合、利用できる操作は相当限定されることがわかりました。

もう少し解説を続けます。

 

2.siriは電話を受けてくれなかった!

「Hey Siri!」と呼びかけて、「◯◯に電話」と指示すると、siriがきちんと電話をかけてくれました。

驚きでもあり、すごっ!!って思いました。

まったくiPhoneの画面にタッチせず、ハンズフリーで電話をかけることができました。

 

しかし、電話がかかってきた場合は問題が・・・

 

電話がかかってくると、受電した表示がされ、電話がなります。

最初は「Hey Siri!電話に出て!!」と言えば、通話が始まると思っていました。

でも、電話がなっている間に、「Hey Siri」と声をかけてもSiriが立ち上がりません。

結局、Siriではかかってきた電話を受けることができずじまい・・・

運転中に電話がかかってくることが時々あるので、これは本当に残念でした!

 

3.iPhoneに保存している動画再生もダメ

これまでYoutubeからダウンロードしているセミナー動画等を再生し、運転中に『聞く』ということをかなりやっていました(聞いているだけで、画面はほとんど見ていません)。

動画アプリはいくつか使っているのですが、Clipビデオというアプリに保存している動画を見たいと思いました。

そこで、「clipビデオ 再生」とSiriに声をかけてみました。

すると、こういう画面が出てきました。

そもそも「Clipビデオ」と認識できず、「クリップビデオ」となります。

なるほど、「L」の発音が悪いから、Clipと認識しないのか??と思い、Lの発音に気をつけてもう一度。

しかし、どうやっても「クリップビデオ」です。

だめでした!

スポンサードリンク

なぜか「呪念」が勧められています・・

でも、別にホラー映画なんて見たく無いですから・・・。

 

しょうが無いので、「ビデオ再生」「動画再生」でやってみました。

すると・・・

動画じゃなくて、映画になります・・

「iPhoneに保存している動画を再生」と声かけても同じでした。

 

では、iPhoneの標準アプリのビデオはどうでしょうか?

結果はコレ

「ビデオについてはお手伝いできません」

 

ちなみに「Youtubeを再生」と声掛けすると、「再生」というタイトルのYoutube動画がどうも表示される感じで、結局思ったような動きをしてくれません・・。

 

4.SiriでiPhoneの操作ができること

いろいろなブログにSiriの使い方が紹介されており、こういう記事がありましたので、自分もやってみました。

Siriに「何が出来る」と聞いてみるというもの。

すると、こういう画面が表示されました。

どのように話かければいいのか例示がたくさん表示されます。

例えばポッドキャストであればこんな感じでした。

例示にはありませんでしたが、次の番組にスキップすることもできましたので、指示の仕方はまだ研究の余地がありそうです。

ここに表示されたアプリを見てみると、動画アプリは表示されませんでした。

表示されたアプリについては操作ができるけど、それ以外は起動はできても操作はできないということのようです。

ということで、いつものようにiPhoneはSiriだけではどうしてもコントロールできない・・・ということがわかりました。

 

まとめ

今までは運転中にiPhoneを操作することについて、それほど問題意識が無かったのですが(これはやばいことでした)・・、

ちょっとまずいと思い、手でiPhoneを操作せず、利用する方法について検証してみました。

つまり、Siriでどの程度iPhoneが操作できるのかということを確認してみました。

 

結果としては、今まで運転中にやっていた「電話を受ける」「メールの送受信」「メッセージの送信」「ポッドキャストの再生」等はSiriだけで操作することは可能でした。

しかし、ポッドキャストに登録している別の番組を選んで再生することや動画を再生することはできない・・ということがわかりました。

さらにまずいことは、かかってきた電話はSiriだけでは受けることができなかったことでした。

ということで、運転中にワイヤレスイヤホンを使っていても、道路交通法にまったく違反しないでiPhoneを操作することはちょっとむずかしそうだ・・という結論となりました。

もう少し検証をしていきますが、今回の結果を踏まえて、運転中のiPhoneの操作については気をつけるようにしていくつもりです。

 

<参考記事>

*使ってみた上でのおすすめのワイヤレスイヤホンはコレ

*iPhone仕事活用術!仕事に必要な能力向上ツールとして使う

スポンサードリンク

もう少し自由になるお金があったらいいな・・って思っていませんか?

ひと月にブログに記事を1〜2回書くだけで、毎月安定して7万円も副収入が入ってくる・・・

そんな『ネット自販機』の作り方について期間限定でお知らせしています。