望月慎太郎の身長は?既に錦織圭超えの強さ

錦織圭くんがウインブルドンで惜しくも負けてしまって、ちょっとがっかりしていたところに、日本テニス界に快挙のニュースが飛び込んできましたね!

16歳の望月慎太郎さんのウィンブルドンジュニアの部での決勝進出です。

自分もテニスを多少やっていることもあり、嬉しくなって思わず記事を書くことに!

しかし、メディアを通じて見る彼の身長は小さく見え、ちょっと強そうな印象を受けない・・のも事実。

そこで、彼にかなり興味を持ってしまいました。

今年に入って全仏オープンで勝ち進み、さらに今回ウィンブルドンジュニアの部で勝ち進み、現在注目を浴びている望月慎太郎くんの情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

1.望月慎太郎は身長小さくとも錦織圭を超えていた!

1−1 全仏オープンで錦織を超えた望月

ウインブルドンジュニアの部で、今回決勝に進出した望月慎太郎さん。

身長は175cm

錦織圭さんの身長は175cmなので、身長の面ではわずか3cmほど負けています。

しかし、成績では錦織圭さんを既に超えていました!

どういうことかと言うとですね・・

錦織圭さんってジュニア時代も強かったんですが、グランドスラム・ジュニアの部での最高成績はベスト8

いや〜、それでもすごい成績です。

一方の望月慎太郎さんの場合、

初めてのグランドスラムジュニアへの挑戦となった今年の全仏オープン ではいきなりベスト4に !

実はこの段階で、

錦織圭さんを超えちゃってます!

さらに今回のウィンブルドンでは順調に勝ち進み、そしてついに決勝進出までに至りました。

ということで、錦織圭さんのジュニア時代よりも、か〜な〜り強い!っていう感じです。

1-2 今年の望月慎太郎の成績

今年は初参加となるグランドスラムのジュニア部で全仏オープンではベスト4入りとなりました。

グランドスラム以外の2つの大会で優勝しています!

錦織圭選手は望月選手について、「将来が楽しみ。若いのでもう少し時間がかかると思うが、すごい楽しみな選手」というコメントをしています。

ただ、恐らく錦織圭さんを超えるのは間違い無い感じがします。

2.望月慎太郎くんの身長と見た目から考えた

望月慎太郎さんの身長と見た目に加えて、いくつかのデータから考えたことから書き連ねます。

この投稿をInstagramで見る

スポンサードリンク

Winner

Shintaro Mochizukiさん(@shintaro62)がシェアした投稿 –


正直な感想を書いてしまいます(こんなことを書くと非難されると思いますが・・)が、身長と見た目からは「強いテニスプレイヤー」に見えません。

むしろ、おっとり、おだやか

ちょっと言うと、少し抜けている(?)雰囲気も漂う

その辺にいる普通の高校生・・・

というのが、彼の身長と見た目から受ける印象です!

そのため、実際の成績とのギャップがすごい感じ!

恐らく・・ですが、こういう近づきやすい(?)容姿から、友達も多いんじゃないでしょうか?

一番最初にテレビでしか試合中の若い時の松岡修造さんなんかは、ちょっと近づきにくい雰囲気がありました。

しかし、望月慎太郎さんは、相当近づきやすい(?)雰囲気で、このあたりも、彼の強みの一つかもしれません。

望月慎太郎さんの情報を整理すると・・

  • 生年月日:2003年6月2日(現在16歳)
  • 現在身長は175cm
  • 13歳から錦織と同じ米国のIMGアカデミーで学ぶ(ちなみに錦織圭さんは14歳だったみたいなので、ちょっとだけ早めにアカデミーに入った)

身長は175cmですが写真や映像で見ると、そこまで身長があるようには思えなかったので、ちょっと意外でした。

ちなみに、錦織圭は178cmですが、錦織選手よりもう少し高くなるかな・・?

以下はITF World Tennis Tourによるデータで、もう少し個人的な内容です。

  • 3歳でテニスをスタート(錦織圭さんは5歳からです。)
  • 好きな食べ物:寿司
  • 憧れの選手はロジャー・フェデラー
  • 好きな俳優は・・・レオナルド・デカプリオ 

割と、このあたりの情報も普通な感じで親しみやすいですよね。

意外だったのはデカプリオの名前が挙がっていること。

ちなみにデカプリオのどの映画が好きなんでしょうね。

望月慎太郎さんのプレーはこんな感じ。2017年の動画ですからちょっと古いですが、雰囲気はわかると思います。



3.決勝戦の相手はスペインの カルロス・ヒメノ・ヴァレロ

そして、望月慎太郎さんが決勝で戦うのは、スペインのカルロス・ヒメノ・ヴァレロ


2001年生まれですから、現在18歳か?

年齢も上ですから、経験もあると考えられますし、ダブルスでも準決勝に勝ち上がっているようで、相当手強い相手のように思います。

ただし、データからは望月選手がランキング9位なのに対して、カルロス選手は49位(このデータはITF World Tennis Tourによる)のようです。

そのため、望月選手から見ると格下?とも言えそうです。

カルロス選手の事は詳しくわかりませんが、データだけで見ると望月慎太郎さんが決勝で優勝を迎える可能性はかなり高いのではないかと考えます。

まとめ

今回はウィンブルドンジュニアの部で決勝に進出した望月慎太郎さんについて、錦織圭さんに触れながら紹介しました。

望月慎太郎さんは身長175cmですが、世界の舞台では小さく見え、しかも、おっとりした雰囲気を醸し出していることをお伝えしました。

しかし、テニスを始めた時期やIMGアカデミー入りの時期が錦織圭さんより一足早い取り組みをしていること

そして、結果としてグランドスラムジュニアの部では、既に錦織圭さんの記録を塗り替え、しかも今回のウィンブルドンでは決勝に進出しています。

決勝の相手はスペインの選手。

しかし、恐るに足らず!と思っています。

決勝戦の結果に期待したいところです。

スポンサードリンク