電子ドラムを初心者が練習!Youtube動画を参考に1週間でこのぐらい

この記事は約6分で読めます。

我が家の子ども達はピアノをやっています。

上の子が中学生に入ったばかりの時に、なぜか「ギターをやりたい」といい出した時に買ったエレキギターがあります(今は誰も弾かずお蔵入り状態)。

「もし、あとドラムとベースがあれば、家族でバンドができるかも??」となぜか思うようになり、子どもたちにさせるために、電子ドラムを購入することにしました。

 

でも、意外な事に子ども達は電子ドラムの話に見向きもしません。

おまけに「子供にやれっていう前にお父さんがやれば」とか、、

ということで、自分がドラムをやることに。

 

しかし、自分がやるとしても、ドラムの譜面なんかは全く読めませんし、これまでやったことがありません。

でも、Youtubeにドラムを叩いている動画が山のようにアップされているんで、とりあえずそれを見ながら、まずはやってみることにしました。

 

そこで今回は、全くドラムが叩けない状態から、電子ドラムが家に来て、1週間ぐらい練習してみたら、どんな感じになったのかということと、練習のために参考にした動画を紹介したいと思います。

 

1.電子ドラムってそもそもどう叩けばいいのか初心者は全く分からず

ドラムっていうと、何となく雰囲気だけで、手をクロスして叩くというイメージしかありませんでした。

でも、何をどう叩くのか、足はどうするのか、とにかく全くわかりません。

 

ドラムが家に来て、組み立てたものの、何をどう叩けばいいのか全くわからないという状態からスタートしました。

そこで、「ドラム 練習」とかのキーワードでYoutubeの動画を検索して、その動画を見はじめました。

いくつか参考になる動画があったので、その動画を見ながら、叩き始めてみました。

 

2.電子ドラムを叩くためにまず8ビートを練習

いろいろ探してみて、ドラムを触ったこともない人が初めて練習をするというこの動画を見つけました。

一番最初に見たのがこの動画でした。

スティックの持ち方と、右手と左手でどんな感じで叩くのかっていうのをこれでまず掴みました。

後半はビートルズのレット・イット・ビーに合わせてドラムを叩くっていうもの。

 

ハイハットとバスドラム、スネアの叩き方をこれで理解することができました。

しかし、まだうまくできず。

特にフィルインのところが、ド初心者には理解できず・・

 

 

そこで、もうちょっと8ビートを身につけるため、こちらの動画でさらに8ビートに慣れるようにしました。

 

とりあえず、この動画にあるような8ビートはできるようになりました。

 

でも・・・、最後にいつもやっている「ダ、ド、ド、ド!」というヤツをどうすればできるのかわかりません。

フィルインっていうのが分かり、それをしたいと思いました。

しかし、この動画だけだとイマイチやり方が分かりません。

 

 

3.初心者でもできるフィルイン練習でもう少し楽しく

そこで、こちらを見ました。

簡単そうなんですけど、初心者には難しいんです。

「タンタン、タ、タ、ト」で、簡単なフィルインなんですが、とにかく何度も見て、練習してみました。

 

しかし、ちょっと複雑なフィルインはやっぱりできません(涙

一番簡単なやつだけを繰り返してやってみました。

 

 

これだけだとちょっと寂しいんで、もうちょっと別のフィルインができるようになりたいと、

今度はこちらの動画でフィルインを練習してみました。

 

これがよく見るフィルインですよね。

「ドドドド、パーン」っていうヤツです。

 

叩く手を決めようと説明があります。

何度も何度も、手をきちんとそろえて、右左と右側へずらしていきます。

そして、バス・ドラムも入れる・・、コレ難しかった・・

 

しかし、これも何度かやってみるとできるようになりまして、メチャクチャ気持ちよく叩けるようになりました。

 

ただ、最後の速いフィルインはまだまだ無理です!!

 

4.初心者のくせにX Jpanaを最終目標に?

最終的な目標は無謀にも、X Japanの曲が叩けるようになること(笑

この、むらたたむさんの動画を見ていて、強烈に思いました!!

 

こんな風になりたい(でも、絶対無理むり・・ 足がこんなに動かんわ〜

 

ということで、いろいろと動画を探していたら

普通の8ビートぐらいのテンポにスピードダウンしてくれている動画がありました!

(すごい感謝です)

 

それが、こちら。。。

このぐらいのスピードだと、普通の8ビートに近い感じで、叩けそうな気がしてきます。

 

それと、最初にクラッシュシンバルを叩くとカッコイイのか!!ということがわかり、

マネをすることに・・

 

それで、最初にクラッシュシンバルを叩く練習もしてみました。

 

5.初心者が1週間の練習でどのぐらい叩けるようになったのか??

ということで、我が家に電子ドラムがやってきた後、上の動画だけを参考に自分で練習をし始め、

丁度1週間立った時にどのぐらいになったのか、お恥ずかしながらお知らせします。

専用の機材が無いので、音が悪いですし、最初の数小節だけです。

音楽は電子ドラム(TD-1KV)に入っているループ音源です。

 

最初の出だしがちょっとずれていますが、何となくは叩け始めている気になっています。

とりあえずリズムにあわせて、ドラムを叩けるぐらいまでになって、

結構気持ちいいです!!

かなりストレス発散になります。

 

6.音楽初心者には電子ドラムはいいかも!

正直言うと、ピアノとかギターは一週間ぐらいじゃ、そんなに弾けません。

それに最初は譜面も読めないし、音楽っぽくならないので、練習を始めたばかりのころは相当ストレスになります。

しかし、ドラムって、そんなのがそこまでありません。

譜面どおりに叩こうと思ったら、それなりにストレスを感じるとは思います。

 

でも、自分の場合は、とりあえずリズムにあわせて叩き出せば良しというぐらいなので、

結構楽しめています!!

 

だから、初心者で、楽器全然だめだけど・・という人には、もしかしたらドラムはそれほどストレスを貯めることもなく始めることができるいい楽器かもしれませんね。

 

 

ちなみに今回買ったのが、こちらのドラム。

置き場もほとんど取らず、簡単に組立てることもできました。

もっと安い電子ドラムがありましたが、こちらの電子ドラムはコンパクトなのと、ローランドというブランド製品ですし、かなり満足しています!

 

自分の場合は単品を購入したので、後から椅子を買ったり、スティックを買ったりと、追加の出費が結構多くなってしまいました。

そこで、買ってみて改めて思いましたが、椅子やマット、スティック付きのセットでも売られているので、単品で購入するより、そんなセットモノがいいと思います。

 

Roland 電子ドラム TD-1KV 純正ドラムイス付き オリジナルスターターパック マットセット

 

ドラムを叩くと時の音が気になる方はコチラをどうぞ

電子ドラムのスティックで防音に配慮したものを試してみた

タイトルとURLをコピーしました